今年もよろしくお願いします

あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年もたくさんの方に工房に来ていただけるよう
またHPを見ていただけるようがんばりたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

無事終了しました

こんばんは まめこ です。

弦楽器フェアが終了しました。
音楽三昧でとても充実した3日間でした。

今年はサイエンスホールでのコンサートのお手伝いで参加しました。
舞台袖で演奏を聴くことができ、幸せな3日間でした。
伸夫さんはチェロを試奏に出したので、
伸夫さんのチェロの演奏だけは客席から聴きました。
チェリストは中木健二さん。曲目は、カサドの「愛の言葉」。
あんなに鳴るんだ・・・とても感激しました。
すっかり中木さんの演奏に魅了されてしまいました。
さっそくロビーにてCDを購入。
帰りの車の中で聴きながら帰りました。

今年も、本当にたくさんのうれしい言葉をいただきました。
とても幸せな3日間でした。

ご来場くださいました皆さま、ありがとうございました。

あっという間に

こんにちは まめこ です。

あっという間に10月になってしまいました。
弦楽器フェアまで、あと2週間となりました。
落ち着かない季節がやってきました。

今年は私も搬入日から行くことにしています。
4日間参加するのは初めてです。
息子に
「お母さん、朝から夜までいないけれど、
おじいちゃんとおばあちゃんいるからね。」
と言ってはみたものの、まったく気にならない様子。
・・・ですよね。もう4年生ですから。
初めてフェアに参加してから11年。
息子も大きくなりました。

11年経っても相変わらずなのは私の方で、
毎年、緊張します。
無事に終わることを願って、参加しようと思います。
そして、たくさんの楽器に触れられる4日間を楽しみたいと思います。

最後まで

こんにちは まめこ です。

息子のピアノの発表会前、最後のレッスンの時、
「当日の午前中、グランドピアノを借りて練習すると良いですよ。」
と先生にアドバイスされ、本番当日の午前中、レッスン室を借りて練習しました。
弾きすぎても疲れるからと、10分おきに5回だけ練習。
どんどん音が鳴りだすのがわかります。
「絶対成功させたい。」と言葉にするほど、最後までよく練習しました。

そして本番、
思うように弾けたようで満足の表情でした。
最後までがんばった息子に拍手。
聴いている方が緊張して、撮っていた映像がぶれてました・・・。

息子のレッスンの後にレッスンを受けている男の子から「とってもかっこよかった。」と言ってもらって、息子は照れてました。
先生から「会場の空気が変わりましたね。」と言ってもらって、うれしかったです。
嬉しい言葉をたくさんいただいて、また練習、頑張れそうです。

朝練してます

こんにちは まめこ です。

息子のピアノの発表会まで10日になりました。
7月に入ってから朝練してます。
朝、1回だけ暗譜で弾いています。
時々迷子になるものの、ようやく止まらず弾けるようになってきました。

今年で6回目の発表会。
本番が終わると、思うように弾けなくて悔しいようで、涙目になります。
今年はどうかな?

今年は1オクターブの和音が出てくる曲。
がんばって手を広げて弾いてます。
大きくなりました。
そういえば、
去年買った発表会用のズボンが、今年はもう入らなくなってました。
大きくなるなあ・・・。

発表会、楽しみです。

聴いてもらう前に

こんにちは まめこ です。

わたしの所属している弦楽アンサンブルでは、
3か月間の練習で数曲仕上げるペースで練習しています。
3ヶ月間の最後の練習日は録音してみんなで鑑賞します。
先日、その録音日でした。

楽しく弾いた後、いざ鑑賞。
自分の演奏を聴くことはほとんどないので、
聴くのがちょっと怖い・・・。

聴いてみた感想は
反省点はとてもいっぱいあって、書いたらきりがないので、1番感じたことをあげると
「ヴィオラって発音がはっきりしないんだな」ということ。
あんなにモワっと聴こえるんですね。
音の入り、上手になりたいものです。
聴いてみると、いろいろなことが分かります。

次は訪問演奏会に向けての練習が始まります。
これからは時々自分の演奏を録音して、聴いてもらう前に自分で聴いてみよう・・・。
と、思っています。

あと7ヶ月です

こんにちは まめこ です。

先日、弦楽アンサンブルで演奏したい曲の提出がありました。
たくさんの曲のリストがあげられていて、その中から希望の曲をチェックして提出します。
あげられている曲の中には演奏したい曲がたくさん。
その中からひとつだけ選んで提出しました。
選んだ曲は、エルガーの「朝の歌」。
初夏の朝の爽やかさを感じる曲です。

結局、「朝の歌」は次の弦楽アンサンブルの曲からは外れたのですが、
先生から「発表会の曲にしましょう」と言われました。
元調はト長調なのですが、ヴィオラ版はハ長調で5度低くなっています。
ヴィオラで弾くとちょっと落ち着くのかな。
初夏の朝露がキラキラまぶしい感じというより
初秋の暑さが和らいでほっとする感じでしょうか。
少しでもそんな感じに近づけたらいいです。

発表会まで7か月。
今年も、もう半分過ぎようとしてるんですよね。
また少しずつ少しずつ練習します。

ヴィオラ三昧

こんにちは まめこ です。

今週はヴィオラ三昧でした。
ヴィオラスペース2018に行ってきました。
5月29日のコンクール2次審査
5月31日のワークショップ
6月1日のコンサート
贅沢な1週間でした。

2次審査では近衛さんとYUNさんの演奏を聴きました。
同じ曲を2人のヴィオリストが弾くと、こんなにも違うものかと驚き。
近衛さんの優しい音色が印象的でした。

ワークショップは講師の先生の一言でどんどん音色が変わるのにびっくり。
弓の使い方、特に大切な音はどれなのか。
楽譜からたくさんのことを読み取りながら弾けたら楽しいだろうなあ。

コンサートはヴィオラ主役の曲がずらり。
モーツアルトの協奏交響曲が華やかでした。
ヴィオラの小品はやっぱり渋いなあと改めて思いました。
今井信子さんのヴィオラが聴けてうれしかったです。

たくさんのヴィオラの音色を楽しんだ贅沢な1週間でした。

あと、石橋メモリアルホールの裏の筋道からまっすぐ先に、スカイツリーの全貌が見えました。ちょっと得した気分でした。

何年かかるかな

こんにちは まめこ です。

20代の頃、ついていた先生に
「このままでは一生ビブラートはかからないかも」と言われました。
いつかはかかるかな~と、安易に考えていたのでかなり衝撃的で、
言われた時の光景が今でも思い出せるほどです。

先日レッスンで先生に
「ビブラートは2種類くらいかけられると楽しいですよ」
「速度の調節ができるといいですね」と言われました。
ということは、ビブラート1種類はかかってるの?!・・・。

「このままでは一生ビブラートはかからないかも」から20年。
20年前の先生の言葉は
いつかはできるかなではなくて、今何か努力しなさいということだったのかなと最近思います。

あと30年はヴィオラを弾きたいと思っています。
速度の調節ができるようになるには、何年かかるのでしょう。
できるようになったら、ますます楽しいだろうなあと思います。

1年経ちました

こんにちは まめこ です。

久しぶりのブログになってしまいました。
気づけばゴールデンウィークも後半ですね。

このHPを公開してから1年経ちました。
HPを見てくださる方がいること、
HPを見て、工房に来てくださるお客様がいること、
とてもありがたいなあと思っています。
更によりよいHPになるよう、工夫していきたいと思っています。
また、こらからも まめこの部屋 で、ささやかな日々の出来事をお伝えしたいと思っています。
これからもどうぞよろしくお願いします。